〜日本拳法とは〜


昭和七年に発足した総合舞踏"日本拳法"、突く・蹴る・投げる・極める技を用い
面・胴・股あて・グローブを装着し 自由に 安全に 存分に競い合える武道です
その性質がゆえ高等学校・大学と、部活としての活躍も著しく、
また自衛隊でも用いられ展かいに至っては、
日本拳法全国連盟に代表される幅広い活躍は素晴らしいものであります。



基軸は
日本拳法 八要 の精神に則り精進するもので在ります。

心・身、気・力、技・術、法・道
は、その構成要素であって、
これらが織りまざって拳法ができているのである。
拳法は
に胎る。故に心は純誠に、身は健全なるを要す。
拳法は
に発動す。故に気は旺盛に、力は強靭なるを要す。
は攻防をつくり、は勝敗を決す。故に技は形動を正し、術は変化に妙なるを要す。
は技術を治め、は人を育む。故に法は理に生れ、道は自然に合するを要す。
これを拳法の八要という。八要をかね修めるところ拳法も、人も、ともに完成の域に到達する。